資金調達を即日で行いたい方は要チェック

急な支出やアクシデントで急いで資金調達をしなければならないケースは多々あります。

そんな時に申し込みから審査、借入まで2,3日なんて時間はかけていられませんよね。

そこで今回は資金調達が即日で行える方法をご紹介したいと思います。

色々な方法がありますので、ご自身に合った方法をお探し下さい。

【カードローンを利用して資金調達】

銀行やその他金融機関から無担保で資金を借入することが出来、分割で返済することが可能な融資です。

申し込みから審査までが早いので急を要する場合に頼りになります。

カードローンの利点として、無担保かつ無保証人で借入可能、利用目的を問わない、何度でも繰り返し利用出来ると言ったものがあります。

低金利でおすすめのカードローンは、住信SBIネット銀行MR.カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、りそな銀行りそなプレミアムカードローンなどがあります。

銀行以外のカードローンは、プロミスのカードローン、オリックスクレジットのオリックスVIPローンカードなどがあります。

【事業者ローンを利用して資金調達】

事業者ローンとは会社経営者や個人事業主をターゲットとしたローンです。

カードローンと同じく無担保、無保証人で融資を行います。

事業者ローン会社は銀行からまず一旦低利で資金を受けます。

この銀行から借入した資金を一定の利益と貸し倒れのリスクを見込んで金利を設定します。

それらの設定が済んでから中小企業に融資をおこなっています。

主な事業者ローンは、ビジネクスト、オリックスVIPローンカードビジネス、ビジネスパートナーなどがあります。

他にもアイフルやプロミス、じぶん銀行などの消費者金融会社も事業者ローンを行っています。

【ファクタリングを利用して資金調達】

ファクタリングとはお客様が所持している売掛金を現金にする方法です。

日本では手形などの方法があるので、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、欧米では広く一般的に使われている方法です。

ファクタリングをご利用の際には売掛金がお持ちになられていることが前提となりますのでここは注意が必要です。

ファクタリング会社には、日経フィナンシャルトライ、アットマネジメントJAPAN、三共サービスなどがあります。

【最後に】

突然資金調達が必要になることは会社経営をしているとままあることです。

こう言ったアクシデントは乗り越えて行かなければなりません。

そのために今回ご紹介した即日でも利用可能な資金調達の方法をご利用して頂ければ幸いです。

良い借金は投資、悪い借金は浪費と言われることが多いので、資金調達をする時には目的をしっかり持つことが大事になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です