資金ショートとキャッシュフローの関係とは?

sikinguri-kyassyufuro

資金ショートしてしまうと、最悪の場合会社が倒産してしまう事態に陥ります。

突如発生するようなトラブルを除けば、資金ショートは十分防ぐことができるのです。

取引先の倒産などにより、売掛金が回収できないというケースはあります。

そういうリスクも、手形などを利用したり、取引先を複数持っておくという営業管理は必要です。

赤字になってきて経営が厳しいというのは、急に発覚することではなく多くの場合事前に知ることができます。

そのためにもキャッシュフロー経営を心がけることが重要です。

資金ショートを防ぐキャッシュフロー経営とは

キャッシュフローとは、現金の収入と支出に重きを置く経営スタイルです。

会社を経営する上では、売り上げに重きをおいた営業方式や利益重視の営業方式があります。

売り上げに重きをおくとなると、売り上げ目標をクリアするためにすぐに値引きしてしまうパターンに陥りがちです。

確かに売り上げは上がるかもしれませんが、値引きした分利益率は下がっていってしまします。

利益重視の場合、商品の利益を上げるために製造コストを下げようとすることが多いです。

製造コストを下げると、一定以上の個数を製造することが必要になりますので売れなかった場合、在庫として残ってしまします。

どちらの営業方式も現金を意識するとマイナスになってしまうのです。

キャッシュフロー経営をすると、現在預金通帳などになる現金を見て判断していくので、営業上起こりがちなリスクを避けることに繋がります。

キャッシュフロー経営を取り入れるべき企業は、売り上げ確定から入金までに時間がかかっていて、仕入れの支払いが滞ってしまう企業です。

他にも、資金の流れに不安感があるという企業やこれからもっと設備投資などをしたいという成長企業も挙げられます。

キャッシュフロー経営を実践することでより安定感のある経営をすることが可能です。

資金ショートを防ぐキャッシュフロー経営のメリット

資金がショートしてしまうと、仕入れをすることができなくなりますし、社員に給与を払うこともできなくなってしまうのです。

会社が安定的に成長するためには、常に現金が必要になります。

たとえ、会社的に黒字であっても、売掛金の回収ができないなど手元に現金がなくなってしまえば給与やその他支払いができないのです。

そのような事態を避けることができるのは、手元に十分な現金を持っておくという方法です。

そうすれば、必要な支払いを滞るということはありません。

キャッシュフロー経営をすれば、資金ショートに陥らないように事前にチャックや準備ができます。

金融機関に借り入れをする場合にも、事前にキャッシュフローなどをチェックされることがあり、経営管理がずさんな企業には融資を行いません。

利用している金融機関にある程度の資金を保有していれば、信用度も増しますし、借り入れを行うときもスムーズです。

これから新しい設備を購入したいという企業にとって、どのくらいの設備投資ができるかを判断する材料がキャッシュフロー経営です。

売り上げ予想だけではなく、手元にあるキャッシュでどの程度まで投資が可能かを判断することができます。

キャッシュフローを重視した経営を行なっていると、資金の使い方も計画的に行うことになりますので、会社を安定的に成長させることができるのです。

キャッシュフロー経営を取り入れるには

キャッシュフローを経営に取り入れる時にすることは、キャッシュフローを読み取ることから始まります。

3年程度のキャッシュ・フロー計算書を手元に準備し、1年以内の状況についても月別に用意しておくと安心です。

キャッシュ・フロー計算書は税理士さん任せという中小企業も多いのですが、わかりやすく自社用に落とし込むことでより理解が増します。

売り上げ、固定費、人件費、粗利益、変動費、利益という大まかな区分にわけ、粗利率と労働配分率なども出しておきましょう。

お金の出入りを理解して、その状況にあう労働配分率にする必要があります。

過去のキャッシュ・フロー計算書の状況がわかったら、どこを改善していけばよいのかをプランニングしていきましょう。

決算書を読むのが苦手という方でも、キャッシュ・フロー計算書を把握するだけで経営にとても役立つのです。

資金ショートになると、会社を存続するための支払いができません。

資金ショートは倒産に繋がってしまいますが、事前にそのような事態を避けることができる経営方式がキャッシュフロー経営です。

手元にある現金に注力することで、資金ショートを防ぐことだけではなく、企業の安定的な成長に繋がります。

資金が手元に豊富にあれば、支払いだけでなく、会社の設備投資などがスムーズにいくからです。

経営者や経理担当の方は、自社のキャッシュ・フロー計算書を把握しておくと会社の成長に役立てることができます。

決算書が読みにくいという方でも、キャッシュ・フロー計算書を理解して経営判断に役立ててみてください。