資金繰り悪化した時の対処法

01/21/2019

sikinguri-akka

これから会社を経営したい人や、会社を初めたばかりの人が一番心配なのが、資金繰りではないでしょうか。

資金とはお金のことを言います。

資金繰りとは、会社を維持していくのにとても重要で、会社にある預金と現金がいくらあるかしっかり把握しておくことがとても大切です。

会社経営で、仕入れをしたり、従業員に給料を払ったりの、支出と収入のバランスを見て、いつも資金がなくならないようにすることが、企業をうまく続けていけるかの分かれ道になります。

経営がうまくいっている会社は、資金繰りの管理がしっかりできている会社とも言えます。

ビジネスの資金は、いつもうまくいくとは限りません。

資金繰りが悪化するケースもよくあります。

もしもに備えて、資金繰りが悪化した時の対処法も経営者は学んでおく必要があります。

資金繰りが悪化したときの改善方法を紹介したいと思います。

資金繰りが悪化した時の最大の改善方法は黒字化

資金繰りが悪化する原因は、赤字の経営が続き、儲けがなくなるときです。

黒字にするには、利益をあげ、コストをさげます。売り上げに関係ない、毎月発生する家賃、人件費、水道光熱費を削減し、人件費の削減が一番削減が大きくなります。

仕入れの値段を下げたり、経費を見直し、不必要なものはカットしていきます。

利益がない不動産や株式は処分し売却する

資金繰り悪化の原因で、過剰投資、投資失敗があります。

思っていたよりうまく利益が上がらなかった不動産や株式は早めに売却するようにしましょう。

過剰な在庫は、資金繰りの悪化になるので、放置したままの在庫は処分するようにしましょう。

仕入れをしたものが残っているという事は、原材料コスト、製造コストなどを支払い済みと言うことなので、保管コストもかかったままです。

在庫を処分することで、倉庫代や保管費の削減ができます。

受発注に切り替えると、受発注は、売れる売れない関係ないので、在庫を抱える必要がありません。

売掛債権を支払わない人への回収をする

資金繰りの悪化の原因に、仕事の依頼を受けていたが、クライアントが倒産し、お金を未払いなまま行方が分からなくなったと言うケースもよくあります。

これを防ぐには、会社を経営して仕事を受けるときには、与信審査という、支払い能力審査を徹底するようにしましょう。

未払いのクライアントには、定期的に連絡を入れ、回収できるよう話し合いをするようにしましょう。

クライアントへ売り上げの回収期間を早める交渉

回収期間と支払い期間のバランスが悪いと、クライアントからの入金よりも早く仕入れ先の入金がくるので、資金繰りがうまくいかなくなり悪化します。

仕事の受注は、クライアントに応じて契約することが多いのですが、資金繰りの改善には、クライアント側と交渉して回収期間を短くする相談をしてみましょう。

また外注先にも支払い期間を延長してもらい、入金までの時間と同じにすると資金繰りの悪化を防ぐことができます。

ファクタリング、手形割引を利用すると、期日前には入金されるので、資金巡りの悪化を回避できることもあります。

役員報酬を適正化、無理な株主配当はしない

利益は出ていても、役員報酬が高めだったり、利益がでていないのにもかかわらず、無理に利益配分をしていると、赤字になり資金繰りがうまくいかなくなります。

利益に見合った配分をするように見直ししましょう。

借金金利の引き下げの交渉

売り上げや利益よりも借金が上回ると、もちろん資金繰りはどんどん悪くなっていきます。

できれば、借り入れ金利の引き下げ交渉し、借り換えができれば、低金利の金融期間からお金を借りることで、毎月の返済額が減額になります。

返済期間を長くしてもらうと、資金繰りの悪化を止めるこができます。

急激な売り上げ減少になったら固定費の引き下げ

売り上げの減少が、毎月続くようになり、長く続くときは、固定費を見直すようにしましょう。違う大口の顧客を見つける方法やサポートをしてもらい、リピートを増やす方法があります。資金繰りを悪化させないためには、徹底的な資金繰りの管理をすることがとても重要になります。

資金繰りが失敗すると大手の企業でも倒産の危機になることもあるのです。

資金繰りが悪化する会社の経営者は、資金繰りの管理を把握していない場合が多いので、経営者は、必ず資金繰り表を作成するようにし、お金の出入りをしっかりとわかっておくようにします。

資金の出入りの時期と金額をはっきり把握し、計画して管理しておくと、資金が不足してお金が足りなくなるという状況を未然に防ぐことができます。

資金繰りがうまくいくと、会社は倒産するとはありません。

資金繰りはお金がなくなってからでは遅いので、資金繰りを後回しにせず、資金繰りの意識を高めることで会社の経営も上手く安定していき、会社を存続させることができるのです。