資金ショートにならないための対策

資金ショートという言葉を知っていますか?

資金ショートとは、会社の運転資金が回らなくなり、手元の現預金がなくなることをいいます。

資金ショートの主な原因は、業務が低下し、売り上げが落ちる、売掛金の回収と買掛金の支払いのズレによる悪化、売掛金の回収不能などがあります。

資金ショートは、会社が黒字でも起こりうることがあるので、注意が必要です。

会社が倒産する理由は、赤字や借金と思われがちですが、会社に手持ちのお金がなくなれば、あっというまに会社は破綻していってしまいます。

そうならない為にも、事前にしっかりと対策を考えておく必要があります。

◆売掛金管理で資金ショートを未然に防ぐ

取引先の情報は特に大事で、信用問題に関わってきます。取引先の変化に気づくことが出来れば、先に与信限度額を低くしたりできるので、売掛金が未回収になる前になんらかの手を打つことができます。

未然に資金ショートを防ぐには自社の売掛金管理はしっかりと管理しておくことが大事です。

◆銀行にリスケを申請し、支払いを猶予がもらえるように申請する

未然に資金ショートしないように対策をしていても、資金ショートしそうになったら、借入れした返済金額に猶予がもらえるように交渉をしてみましょう。

銀行に予定通りに返済ができなくなった理由を説明し、これからどのような返済をしていくか、きちんと説明できるようにしておきます。

◆支払いする優先順位を決めて先伸ばししてもらえるものは申請する

資金ショートになったとしても、支払いの請求書はいつも通りにきて、待ってはくれません。

ですが、先に支払っておいた方がよい優先順位があり、優先順位通り支払いをして、支払いが待ってもらえるものは話し合いをして、解決策を立てます。

まず先に支払いをしておきたいのは、手形や小切手です。

もしも不渡りを出してしまうと銀行に不信を抱かれてしまうので、絶対に手形と小切手は一番に支払いをします。

次に給料や人件費、銀行、社会保険、最後に税金は待ってもらうように話し合いをしましょう。

売掛金を多く持っていて、資金不足に悩んでいる人は、ファクタリング会社に売掛金を買いとってもらい、資金を調達する方法もあります。今すぐ資金ショートをさけたい人に有
効な手段になります。

会社を経営していく上で、頭に入れていてほしいことは、会社のお金が一瞬でも資金ショートしたら会社は倒産の危機に陥るということです。

今なんとなく会社を経営している人は、今からでも資金ショートについて知識を持ち、予防対策をしておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です