今後も需要が広がる売掛金を現金化するファクタリング

売掛金の現金化と言うと、思い浮かべるのはファクタリングではないでしょうか。ファクタリングとは、商品の納品が完了しているが、支払いがされていない売掛金権を第3者の専門会社が買い取る取り引きのことをいいます。

ファクタリングは、ここ数年で認知度が広がり、利用する事業者も増えてきています。ファクタリングはイギリスから広がり、アメリカでも多く利用されていて、日本は1980年代から利用されるようになりました。

売掛金を現金化にするファクタリングの取り引きを利用した方かいい企業やファクタリングの契約時に注意することを紹介したいと思います。

◆国も奨励しているファクタリング

経済産業者もファクタリングを勧めていている傾向にあります。経済産業者が、ファクタリングの融資を拡大するべきと示し、理由は、中小企業は、銀行からの融資が難しく、資金繰りで困る企業が多くいるからです。

国がファクタリングを推奨しているのは、銀行からの融資が難しいために、資金繰りが厳しい中小企業、ファクタリングを利用して資金を円滑にまわすことができれば、国の経済ももっと発展して行くと考えているからです。

◆売掛金現金化を検討したほうがよい企業

中小企業にとっては、資金の流れはとても重大です。たとえ売上は伸び、黒字であっても、キャッシュフローの問題があれば、会社は成りたちません。

このような事態の時は、ファクタリングを検討したほうがよいでしょう。銀行からの融資を断わられた、売掛金相手のサイトが遅い場合にファクタリングを利用するとよいです。

◆ファクタリング契約時に注意しておきたいこと

資金調達法で人気のでているファクタリングですが、大きなお金の取り引きなので十分に理解をしておくようにします。

内容の確認はしっかり行い、契約書の控えは必ずもらうようにして下さい。

契約時の手数料や入金予定などは、電話確認以外でも、メールなど形に残るようにしておくことも重要になります。

中小企業は特に、資金繰りに悩む事が多く、ファクタリングは会社を経営していくのにとても役に立つ現金化にする手段です。

もし今、中小企業で資金繰りが厳しい状態の企業は、ファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか。

国土交通省では、売掛金権の買い取りの時の保証料の一部を負担する制度を設けていたり、国も一体化して、中小企業の資金繰りがよくなるようにサポートに取り組んでいるので、これからはますますファクタリングの需要は大きく高まることになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です