■保有の売掛金をファクタリング利用で事業資金にするメリットとデミリット

事業資金とは、事業を立ち上げたり、事業の運営に必要な経費のことですが、事業資金がなくなると従業員の給料や賞与も払うこともできなくなり、事業を拡大したい時でも事業資金がないと会社を大きくすることもできません。
事業資金を調達する方法には、会社の売掛金権を持っていると、ファクタリング会社に買い取ってもらって資金を作ることができます。
ファクタリングの特徴とメリットを紹介します。

◆事業資金は保有の売掛金をファクタリングで借りない資金調達を

ファクタリングは保有している売掛金権をファクタリング会社に買い取ってもらって、売掛金の請求金額を先に支払いをしてもらうので、銀行から融資を受けて借入れをする資金調達とは違い、借りなくてすむ資金を調達する方法になります。
支払いサイトより早く現金が手元に入るので、会社の運営がスムーズに行えることがメリットになります。

◆ファクタリングのメリット、デミリット

ファクタリングをして資金を調達するにもメリットとデミリットがあります。
メリットには、資金の調達が迅速で早い、借り入れにならない、売掛金権先の信用リスクを回避できる、債権管理や回収の時間に使う労力を減らすことができます。

通常の売掛金は、現金が入るまでには、1ケ月から3ケ月かかりますが、ファクタリングを使うと、すぐに手元にお金が入るので、キャッシュフローのリスクを回避することができます。借入れでないので、担保が必要になることもありません。

◆最大のデミリットはクライアントに売掛金譲渡の通知がいく

2社間のファクタリングは大手が参入していないので、3社間のファクタリングの場合は、売掛先へファクタリングを利用する通知が行くことになるので、売掛先に資金がたりない会社だと思われることもあり、信用をなくすこともあります。

事業をうまく営んでいくには、事業資金をいかにうまく確保していくかがとても重要になります。あの有名なパナソニックの創業者である松下幸之助でも自分の判断の失敗で経営を破綻させるのが怖くて毎日夜も眠れないことがあったといいます。どんなに大企業の会社のトツプであっても常に経営を維持していくには常に安心と言う言葉はないと言うことです。会社を経営していたら、必ず自分で判断する時が必ずあります。経営者の仕事は判断をしていくのが仕事になります。その判断を決める時には大事な知識と経験がとても大切なので、経営者としてのノウハウはしっかりと押さえておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です