二社間ファクタリングと三社間取引の違い

ファクタリングの取引形態には二社間取引と三社間取引の2種類があり、売掛金の買取金額などが違ってきます。ファクタリングの理解を深めるためには、2種類の取引形態について知っておくことが必要です。

二社間取引とは?

二社間取引とは、売掛金の保有者とファクタリング会社の二社間で行う取引形態になります。よって、二社間取引には売掛先企業は参加せず、売掛先企業に知られずに売掛金を現金化することが可能です。

売掛金の保有者は所定の手数料を支払ったうえで、ファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらえます。よって、売掛金の保有者は支払期日が到来していなくても売掛金を現金にすることができ、運転資金などに充当することができます。その後、売掛金の支払期日が到来すると従前の売掛金の保有者に対して支払いが行われますが、従前の売掛金の保有者は受け取った現金をファクタリング会社に返却することが必要になります。

三者間取引とは?

三社間取引とは、売掛金の保有者とファクタリング会社、売掛先企業の三社間で行う取引形態になります。三者間取引では売掛先企業も取引に参加するため、売掛債権がファクタリング会社に譲渡されたことは当然ながら知られてしまいます。

三者間取引では、売掛金の保有者は売掛債権を譲渡した時点で現金を受け取ることができ、売掛金の支払期日が到来すると、売掛先企業からファクタリング会社に支払いが行われます。

2種類の取引形態の比較

三者間取引のメリットは手数料が安いことで、三者間取引だと売掛債権の金額の1%から5%程度が手数料になります。一方、二社間取引だと手数料が高くなり、売掛債権の金額の10%から30%が手数料になることが多いです。

手数料だけを考えると三者間取引の方が圧倒的に有利ですが、三者間取引だと売掛債権を譲渡したことが取引先に知られてしまうため、今後の取引に悪影響を及ぼす恐れがあります。そのため、三者間取引はあまり行われておらず、二社間ファクタリングが主流になっています。

最後に

このように、ファクタリングには二社間取引と三社間取引があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。どちらの取引形態を選ぶかについては、それぞれの取引形態のメリットとデメリットを比べてみて、自社にとって最善の取引形態を選ぶようにします。どちらを選べば良いのかわからない場合は、現在の主流の取引形態である二社間取引を選んでおくのが無難です。三社間取引は手数料が安いですが、取引先との今後の取引に悪影響を及ぼすリスクがあるため、よく考えてから決断することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です