資金ショートを回避するための手段として有用なものとは?

資金ショートを回避する手段はとても大事です。

資金ショートが目前に迫っている場合には、とにかくこのような危機から脱しなければいけないわけですが、もちろん焦りは禁物です。

資金ショートの可能性が生じていたにせよ、経営者として回避するための有効な方法を選ぶ必要があります。

当記事では、このような資金ショートを回避する手段について解説していきます。

【資金ショートとは】

資金ショートとは、支払が過度になっているとか、予期せぬ事態が生じたために収入が不十分となったことが重なったことが原因として、その会社の現金が事業を行うことが不可能に至るまでに不足した状態を表したものです。

資金ショートの状態に陥ってしまえば、黒字企業でも倒産するという黒字倒産と呼ばれる状態になるわけですから、何としてでも回避しなければなりません。

【資金ショートを回避する手段として彷彿とされるものとは】

このような資金ショートをどのようにして回避していくかというと、キャッシュインとキャッシュアウトとのバランスを上手く保っていくことが不可欠です。

キャッシュインをスピーディーにする、キャッシュアウトを遅くしていく、収入を上昇させる、支出を減少させる、などといったことが有効です。

手段の具体例としては、売上上昇のような長期的な視野を要するものや、支払の先延ばしのようなリスクを伴うものまでも存在しています。

この中で資金ショートを回避する手段として有用なのは、あまり困難でないことや危険性が高くないもの、それでいて長期的に携わる必要がなく、即時性に期待できるものです。

そうすると、最初にどのような具体策を選ぶべきかというと、銀行に対するリスケジュール(返済先延ばしや返済額の当面の減額)、税金や社会保険料の支払を待ってもらう、自社のコストを減らしていく、資産のうち可動していない資産を現金にしていく、融資にノンバンクの事業者専用ローンを用いる、などの方法が挙げられます。

ただ、これらの方法は、継続的な企業の態様を原因とする資金ショートに対しては、あまり効果的とはいえません。

長期的な視野のもとで行われる資金繰りの改善に対しては、また別の方法を用いる必要性があるわけです。

資金ショートを回避する手段1【銀行へのリスケ】

資金ショートを回避する手段として、まずは銀行に対する返済条件の変更を要請することです。

資金ショートに至った原因が銀行融資に対する返済である場合には、このようなリスケジュールの要請をしていくことが資金ショートの回避につながるため効果的です。

リスケジュールとはリスケとも略すことができますが、返済期限を延長してもらったり、毎月の支払額自体を減少させることによって、返済に関する要件を変更していくことを指します。

リスケをするためにどのようにすればいいのかというと、申込書や経営改善計画書、資金繰り予測票などといった書面を銀行融資の担当者へ提出します。

リスケのコツとは、現時点以降の返済をどのようにしていくかを、なるべく第三者から見ても分かるような簡潔な記載方法をすることにあります。

具体的には、なぜリスケを要するのか、現時点での苦難をどのように切り抜けるか、どの時点で今までどおりの返済に修正するのか、などといったような感じです。

そして、担当者を得心させるためには、具体的な根拠を示すとともに数値でも表していくことです。

リスケを成立させるための確率は、概ね2割から3割程度とされています。

ただ、あくまでも全体からの割合であるので、具体的かつ相応の根拠のある解決策を上手く提示できれば、それ以上の割合である7割から8割程度にまで持ち込める可能性があります。

資金ショートを回避する手段2【税金や社会保険料の支払先延ばし】

資金ショートを回避する手段として、税金や社会保険料の支払先延ばしがあります。

税金や社会保険料の支払を遅延してしまえば、企業の保有している資産や現金などを押収される余地も高まってきます。

ここまでに至れば、事業を行っていく上で円滑に進行していたはずのものさえも上手くいかなくなってしまう可能性も高くなってくるでしょう。

そうすると、税金や社会保険料はすぐさま支払わなければならないものと思う人も少なくはないのですが、実は回避する手段はあります。

滞納とはいっても、事前に断っておくものと無断で滞納するのとでは勝手が違ってきます。

資金ショートのリスクが迫っているならば、支払を分割にしてくれたり、支払期日を延期してくれるなどの措置を講じてくれることもないとはいえないのです。

そのような資金ショート回避の手段を成功させるためには、もちろん、丁寧かつ分かりやすい説明をして、協力してくれるようにお願いしましょう。

資金ショートを回避する手段3【遊休資産を積極的に現金化】

資金ショートを回避する手段として次に考えられるのは、現時点で無関係な資産がある場合、積極的に現金に換えることです。

具体的には不動産やゴルフ会員権、リゾート会員権などといったもので不要なものがあればとにかく積極的に現金にしていくことが重要です。

不動産を処理した場合には、これに生じてくる固定資産税や管理費についてもそのまま節税することができるわけです。

合わせて資金ショートを回避する手段となり得ますので検討する価値はあります。

資金ショートを回避する手段4【つなぎ資金としてノンバンクなどで資金調達する】

資金ショートを回避する手段として、ノンバンクなどからの資金調達があります。

一見して、ノンバンクで事業資金を借りるとなると、金利が高いため利用は控えたほうがいいようにも思えます。

ただ、資金ショートが慢性的なものでない限りは、ノンバンクから一時的な借入をすることも回避の手段として大いにあり得る手段です。

それにノンバンクでの借入は迅速なため、いくら時間がかかったとしても、1週間程度で融資可能となります。

資金ショートを回避する手段5【ファクタリングで資金調達する】

資金調達までの期間が短いという点では、ファクタリングで調達する方法もあります。

ファクタリングであれば、最短即日、いくら遅い業者でも最速翌々日には資金調達が可能であるため、オススメできます。

ファクタリングは融資ではなく債権を買い取る手続であるので、融資のような返済をしていく必要はありません。

【資金ショートを回避する手段まとめ】

資金ショートとは、現金が底をついた状態のことを表し、それ以降の事業の継続を極めて困難ならしめるもので、いわば黒字倒産と呼ばれるものです。

資金ショートを回避するためには、収支を自社に優位にすることが前提であって、支払は先延ばしにし、支出を減らすか先延ばしにしていくことが重要といえます。

最も重要なことは、手形や小切手に関しては何よりも支払を優先して下さい。

資金ショートを回避する手段として特に有用なのは、即日資金調達にも期待できるファクタリングと考えられます。

融資とは異なり、審査の対象となるのは一般的に売掛金を保有している取引先となることが多いですから、資金ショートに至るような企業でも資金調達に期待できる余地が相当あるといえます。

参考サイト

資金調達について詳しく解説していますので、参考になります。

資金調達関係の記事サイト